パリの地下鉄駅で避難 「ウイルス」と書かれた試験管の箱が発見

© AFP 2022 / John Thysパリの警察
パリの警察 - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
パリの地下鉄駅では「ウイルス」と書かれた赤い物質が入った試験管の箱が発見され、乗客が避難した。地元のメディアが報じた。
報道よると、6日夜、パリのメトロの8番線のフェルデブ・シャリニー駅が閉鎖された。
「誰かが駅の階段に箱を置いた」と警察に通報が入った。警察はCCTVカメラを通して、男性が駅員に箱を手渡しているのを確認できた。箱の中には、「ウイルス」と書かれた赤い液体の入っている約10〜15本の試験管があった。
現場には警察、消防士、化学・生物学などの専門家が到着した。
最新の情報によると、箱にはCOVID-19の検査用バイアルが入っていた。
関連ニュース
イスタンブールに住む男性 新型コロナ検査を78回受け、毎回陽性
モロッコ 井戸に転落した男児が死亡 5日間にわたる救助活動を国中が見守る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала