- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

WADA フィギュアのワリエワ選手の周辺人物を調査へ 北京冬季五輪

© Sputnik / Alexey Filippov / メディアバンクへ移行WADA フィギュアのワリエワ選手の周辺人物を調査へ
WADA フィギュアのワリエワ選手の周辺人物を調査へ - Sputnik 日本, 1920, 13.02.2022
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の独立調査部門が、北京冬季五輪団体金メダリストのロシアのフィギュアスケート選手、カミラ・ワリエワ(13)の周辺を調査することが分かった。ロイター通信が報じている。これよりも前、ワリエワのサンプルが2021年12月のドーピング検査で陽性反応を示したと報じられた。
WADAは、ワリエワのコーチや医師、周辺の大人たちについて調査する予定
ロシアのフィギュアスケート選手、カミラ・ワリエワをめぐる問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日に聞き取り調査を行う。ワリエワの五輪出場可否の裁定は、14日午後に通知される。
リチャード・パウンド氏 - Sputnik 日本, 1920, 12.02.2022
WADA初代会長、ロシアに「複数のオリンピック」の棄権を呼びかける ワリエワめぐり
北京冬季五輪女子ショートプログラムは、15日に行われる。ワリエワは抽選の結果、26番目に滑走する

事の発端は?

世界ドーピング防止機構(WADA)公認の研究所は、2022年2月8日にワリエワのサンプルがトリメタジジンの陽性反応を示したと発表した。トリメタジジンとは、心臓の細胞の働きをサポートする薬。
ワリエワのサンプルは2021年12月25日、ロシアフィギュアスケート選手権の際にロシア反ドーピング機関(RUSADA)によって採取されたことが正式に明らかになっている。
ワリエワは2月8日、RUSADAから2022年北京冬季五輪の出場停止処分を科された。しかしその翌日、ワリエワの出場停止処分は解除された。
11日、国際検査機関(ITA)は、12月25日のロシア選手権でワリエワが受けたドーピング検査アでトリメタジジンの陽性反応が出たことを確認した。
関連ニュース
ワリエワの北京でのウルトラC:精神的ダメージを受けることなく事態を乗り越えられるか?
トゥトベリーゼ氏、ワリエワをめぐるドーピング・スキャンダルに初めてコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала