「ウクライナ侵攻」に関する米国の声明は「野蛮な噂」=北朝鮮外務省

© Sputnik / Vitalii Belousov / メディアバンクへ移行Встреча главы МИД РФ С. Лаврова с первым заместителем главы МИД КНДР Цой Сон Хи
Встреча главы МИД РФ С. Лаврова с первым заместителем главы МИД КНДР Цой Сон Хи - Sputnik 日本, 1920, 14.02.2022
北朝鮮外務省は13日、米国は最近、ロシアによる所謂「ウクライナ侵攻」という野蛮な噂を広めており、東欧への数千人の軍派遣を急いでいるとの考えを表明し、その行動の真の目的は、ウクライナをめぐる軍事的緊張を徐々に高め、ロシアを封じ込めるための自国の軍事プレゼンスの増強を正当化する口実を見つけるためだと指摘した。
米当局は2月初旬、「NATO同盟国の防衛力強化」のため、軍部隊をドイツ、ポーランド、ルーマニアに増派すると発表した。
北朝鮮外務省は、NATOは「冷戦の産物」であり、その存在と拡大の目的は「ロシアを軍事的に封じ込め、制圧することだ」と指摘した。
関連ニュース
日本外務省、ウクライナ危険情報を最高度に引き上げ
ニュージーランドと豪当局 自国民にウクライナからの即時退避を呼びかけ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала