パリ 騒音公害対策に新たな方策

© Sputnik / Dominique Boutin  / メディアバンクへ移行パリ
パリ - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
パリ当局は騒音規則に違反した者を摘発するために、市内に騒音レーダーを設置した。ガーディアン紙が報じた。
機械は交通の出す騒音のレベルを計測し、ナンバープレートを認識することができるため、過度の騒音を発している車両、オートバイを摘発し、その所有者に罰金を科すことが可能となる。
この騒音レーダーを開発したBruitparif社は、レーダーはスピード違反を摘発するカメラと同じ原則で機能すると説明している
騒音はこんなに危険 聴覚だけではない 普段の街の騒音は健康に悪影響  - Sputnik 日本, 1920, 17.11.2021
IT・科学
騒音はこんなに危険 聴覚だけではない 普段の街の騒音は健康に悪影響
機械は今後、数カ月間の試験期間で精度の確認作業が行われる。試験期間中は騒音を出すドライバーへの行政違反は問われない。当局は大々的な使用開始を2023年から予定している。
パリは欧州全体の中でも最も騒音公害がひどく、その最たる原因は車両、オートバイにある。
関連ニュース
新型コロナ対策の抗議デモ「フリーダム・コンボイ」 仏パリで約100人が拘束
仏大統領候補、右派ペクレス氏の支持率やや低下=世論調査
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала