ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ラブロフ外相 米国務長官との会談調整

© Press service by Ministry of Foreign Affairs RF / メディアバンクへ移行セルゲイ・ラブロフ外相とアントニー・ブリンケン米国務長官
セルゲイ・ラブロフ外相とアントニー・ブリンケン米国務長官 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とアントニー・ブリンケン米国務長官は会談を調整している。メディアが報じた。
Washington Postの記者は国務省の報道機関からの情報をもとに、ラブロフ外相がブリンケン国務長官にいくつかの日時を提案したとツイッターに書き込んだ。
先にブリンケン氏はラブロフ外相に来週にスイス・ジュネーブで会談を行うことを提案していた。
これより前、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は13日にジョー・バイデン大統領と電話で会談を行い、「可能な限り速やかに」ウクライナを公式訪問するよう要請した。
ロシア大統領府のペスコフ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
「ウクライナ侵攻は数日中に起こる」 バイデン氏のこの言葉が状況を悪化させる=露ペスコフ報道官
ここ数週間、欧米マスコミではロシアによるウクライナ侵攻の可能性について盛んに取り上げられている。これを背景として米国議会では対ロシア制裁の強化が呼びかけられている。
ロシアは西側諸国およびウクライナの主張する「暴力的行為」を再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。
関連ニュース
バイデン大統領、露軍の撤退「まだ確認できていない」 米国人への攻撃には報復を示唆
ウクライナ国防省、軍、国営銀行のサイトにサイバー攻撃
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала