ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ国境警備隊、ロシアとの国境から完全撤退=露連邦保安庁

© 写真 : Federal Security Service of the Russian Federation / メディアバンクへ移行ウクライナ国境警備隊、ロシアとの国境から完全撤退=露連邦保安庁
ウクライナ国境警備隊、ロシアとの国境から完全撤退=露連邦保安庁 - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ロシア連邦保安庁(FSB)の広報センターは24日、同日午後13時(日本時間同日19時)時点で、ウクライナ国境警備隊の全部隊がロシアとの国境地帯の配置場所から撤退したと発表した。
広報センターは「ウクライナ国境警備隊は、ロシアとウクライナの国境地帯の配備場所から大量撤退している。13時時点で、ウクライナ国境警備隊はロシアとウクライナの国境地帯の全部隊を撤退させた」と発表した。
これに先立ち、ロシアのプーチン大統領は、ドンバスでの特殊軍事作戦の実施を発表した。プーチン氏は、ロシアの計画にウクライナの占領は含まれておらず、目的はウクライナの非軍事化と非ナチ化のみだと指摘した。
キエフ(アカイーブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナでの軍事作戦=主な事実
ロシア国防省は、ウクライナ領内の民間施設には一切攻撃を行っておらず、軍事インフラにのみ攻撃を実施しており、民間人には何も脅威を与えていないと強調した。
FSBによると、その部隊を去ったウクライナ国境警備隊員はロシアに到着しており、ウクライナでの勤務継続を拒否した。
情報機関によると、午前11時15分(日本時間午後17時15分)、ウクライナ国家国境庁の軍人26人がロシア西部ブリャンスク州のトロエボルトノエ検問所に到着し、「ウクライナでのさらなる勤務を拒否した」という。また午後12時10分(日本時間午後18時10分)には、ウクライナ国家国境庁の軍人16人が同様の理由でクリミア半島北部のジャンコイ検問所に到着した。
ロシアのショイグ国防相は、ウクライナ軍の軍人に敬意をもって接するよう部隊の全司令官に特別な指示を与えた。 「ウクライナ軍の軍人は民族主義者とは異なりウクライナ国民に宣誓し、命令に従ったということを考慮し、彼らに敬意をもって接すること。武器を置いたウクライナ軍人が作戦実施地域から自分の家族のもとへ安全に脱出するための安全な回廊の構築を検討すること。」
関連ニュース
武器を捨てたウクライナ兵士の数は増えている=ドネツク人民共和国指導者
ロシア外務省 ウクライナとの関係断絶は我々の選択ではない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала