地球が意識を持っている可能性も=米天体物理学者

© Fotolia / Studio023地球(アーカイブ写真)
地球(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 27.02.2022
米ロチェスター大学の天体物理学者は、地球を知的な存在と見なすことを提唱した。
学者たちは、地球の「性格」を示すいくつかの兆候を特定した。研究は、地球を単一の生理学的システムとして位置付けるガイア理論に基づいている。ガイア理論は1970年、英国の気象学者ジェームズ・ラブロックと米国の生物学者リン・マーギュリスによりr提唱された。
現代の理論によれば、地球は独自の意識を持っている可能性があり、不完全なテクノスフィアである人類は調和のとれた関係を構築できない。
地球 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
地球の進化の予測に変更が加えれる
研究者たちは地球の生命を4つの段階に分類している。未成熟な生物圏、成熟した生物圏、そして未成熟なテクノスフィアと成熟したテクノスフィア。The Science Timesに公開された研究によると、現在、地球は第4っ段階の未成熟なテクノスフィアの段階にある。
第4段階の一環として、人類は地球を「理解」し、効果的な相互作用をもたらす必要がある。
関連ニュース
火山灰が地球を覆う トンガ沖の火山噴火にはどのような危険があるのか?
NASA、「潜在的に危険」な小惑星が地球に接近すると警告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала