沖縄・石垣市長に中山氏4選自公推薦、知事派新人破る

任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が27日投開票され、岸田政権が支援する無所属現職の中山義隆氏(54)=自民、公明推薦=が、無所属新人の元市議砥板芳行氏(52)を破り4選を果たした。投票率は70・54%。政府が進める陸上自衛隊配備計画を巡る対応が争点の一つとなっていた。
玉城デニー知事を支える勢力「オール沖縄」は砥板氏を支援したが及ばなかった。
政府は南西諸島防衛のため22年度、市内に陸自駐屯地を開設、地対空・地対艦ミサイル部隊などを配備する方針。中山氏は配備を容認する立場で、砥板氏は配備の賛否を問う住民投票条例案を、市議会に提出する意向を示していた。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала