新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

IPCCの報告書 気候変動への適応が限界が接近

© Sputnik / Ilya Timin / メディアバンクへ移行Айсберг в акватории острова Гренландия
Айсберг в акватории острова Гренландия - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
28日、国連のIPCC=「気候変動に関する政府間パネル」が8年ぶりに発表した、気候変動の自然や社会への影響に関する報告書で、気候変動への適応が限界が近づいていることが指摘された。NHKが報じた。
IPCCの報告書には気候変動が水の供給、農業や漁業、健康、自然災害といった幅広い分野に及ぼす悪影響の増大が指摘されたほか、「1.5度の温暖化によって、世界は今後20年間、さまざまな危機に直面する。一時的にでも1.5度を超えると、さらに深刻な影響が広がり、一部は不可逆的なものとなる」と警鐘が鳴らされた。
NHKの報道によれば、IPCCは30億人以上の人たちが気候変動に対応できない、ぜい弱な状況で暮らしていると指摘しており、IPCCのイ・フェソン議長は報告書について、「私たちがこれまで対策を怠ってきたことへの警告」「気候が生態系や生物の多様性、それに人類と互いに依存していることを示しており、大胆な行動を直ちに取ることの重要性を訴えている」と各国に早急な対策を訴えた。
関連ニュース
北京五輪 雪不足の克服 秘密が明らかに
インド、2024年までに農業用ディーゼルを再生可能エネルギーに転換
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала