新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本の研究チーム、18世紀に漁網にかかった「人魚のミイラ」を研究

© © Screenshot: 朝日新聞社 / YouTubeМумия существа, пойманного предположительно в Тихом океане у японского острова Сикоку между 1736 и 1741 годами, которая хранится в храме в городе Асакути, Япония
Мумия существа, пойманного предположительно в Тихом океане у японского острова Сикоку между 1736 и 1741 годами, которая хранится в храме в городе Асакути, Япония - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
日本の倉敷芸術科学大学を中心とした研究チームは、18世紀半ばに高知沖の漁網にかかった体長約30センチの謎の生き物を研究している。研究チームは、コンピューター断層撮影法(CT)でその謎を解明する計画。英タブロイド紙デイリー・ミラーが報じた。
倉敷芸術科学大学によると、これは岡山県浅口市の円珠院が所蔵する『人魚のミイラ』。
このミイラは、口を少し開け、両手で頭を押さえ、恐怖でかたまったような顔をしている。興味深いのは、尾びれがあることだ。
ロンドン - Sputnik 日本, 1920, 15.02.2022
IT・科学
英テムズ川で発見の骨 ピラミッド建設前の時代を生きた人間のものだった
KSB瀬戸内海放送によると、研究チームの岡山民俗学会理事の木下浩氏は「実在の動物かどうかはとにかく置いておいて、私の観点からすると(ミイラが)作られた時代にこの人魚のミイラに何を託されたのか。例えば、人魚の伝説でいうと『不老不死』の伝説がよくついてきます。薬としての役割もあったといわれています。当時の人々がこの人魚に対してどのような思いがあるのか」と語った。
倉敷芸術科学大学は2月、「撮影したCT画像、X線画像の解析および、剥離した微物について遺伝子分析、電子顕微鏡観察などを実施し、ミイラの秘密に迫る予定」だとし、9月には研究成果を報告したいと発表した
関連ニュース
中国 新たな古代文化の遺構が発見
トルコでダイバーが偶然古代ギリシャの港の廃墟を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала