NATO、フィンランド及びスウェーデンとの協力拡大

© REUTERS / Francois Lenoir 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長
北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は4日、NATO加盟国の外相はフィンランド及びスウェーデンとの協力を拡大することで合意したと発表した。両国は今後、NATOのすべての会議に参加するという。
ストルテンベルグ氏はNATO外相会議後「ロシアの侵攻に対して、我われはスウェーデン及びフィンランドとの連携ならびに情報交換を強化することで合意した。両国は今や、危機に関するNATOすべての協議に参加する」と述べた。
同氏は、今後2日間で「おそらく(ウクライナでは)さらに悪化するだろう。死者、負傷者、破壊が増えるだろう」と述べた。
一方、ストルテンベルグ氏は、紛争状況を回避するために、NATOはロシアとの連絡チャネルを維持しようとしていると述べた。
ドイツのオラフ・ショルツ首相 - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナとグルジアのNATO加盟拒否は正しい判断だった=独首相
同氏はまた、飛行禁止区域の設定は、ロシアの航空機を撃墜しなければならないNATOの航空機の派遣を意味し、ウクライナ国外への紛争拡大を煽る可能性があると強調し、「我われは空中及び地上の両方においてウクライナで戦うつもりはないことを明確に示した」と述べた。
米国のロイド・オースティン国防長官は、2日、ウクライナ上空に飛行禁止区域を設定すれば、露米の軍事紛争を引き起こす可能性があるとの見解を明らかにした。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
西側諸国は一極世界の確立と国連における覇権目指している=ベネズエラ大統領
ザポロジエ原発 IAEA事務局長、放射性物質の放出はない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала