ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナの生物研究所がロシア軍に制圧されることを懸念=米国務次官補

© AFP 2022 / Nicholas Kammビクトリア・ヌーランド国務次官補
ビクトリア・ヌーランド国務次官補 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ウクライナには生物研究所の施設があり、ウクライナ政府と米国政府はこの研究所で管理される資料がロシア軍の手に渡らないよう協力する。米連邦議会上院の公聴会でビクトリア・ヌーランド国務次官補が発言した。
ヌーランド国務次官補はウクライナに化学兵器、又は生物兵器はあるかとの質問に対し、次のように回答した。
ウクライナは生物研究所の施設を管理している。我々はロシア軍がそれらを管理下に置くことを懸念している。そのためウクライナ側と協力し、これらの研究資料がロシア軍の手に渡らないよう努力する。
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 07.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアとの国境付近でウクライナが生物兵器を開発、米国防総省が資金援助=露国防省
ロシア国防省は先にプレゼンテーションを行った中で、米国がウクライナにおける生物研究所の活動に2億ドルの資金援助を行っていたと発表していた。これらの研究所は米軍の軍事生物プログラムに参加していたという。
ロシア側は、米国がウクライナで軍事生物の開発に関わっていた事実を受け、生物兵器禁止条約(BWC)の枠組みで協議を開催する必要性を指摘した。
また中国外務省はこれを受け、米軍が国内外で生物兵器の開発を進めているのかについて、説明を行うよう要求した。
関連ニュース
ポーランド、MiG-29戦闘機をウクライナに自ら供与できず、「戦争の当事国ではない」
NATO事務総長が表明 ウクライナ危機に対する同盟の考え
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала