ウクライナ情勢は国連安保理のシステムに関する大きな問題を浮き彫りにした=エルドアン大統領

© AP Photo / Turkish Presidencyトルコのエルドアン大統領
トルコのエルドアン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2022
トルコのエルドアン大統領は11日、ウクライナをめぐる状況は国連安全保障理事会のシステムに関する構造的な問題を浮き彫りにしたとの考えを表した。
エルドアン氏は、トルコ南西部アンタルヤで開催の外交フォーラムで演説し「ウクライナ危機に関連して、国連安全保障理事会のシステムに関する構造的な問題とそのゆがみが明らかになった」と述べた。
エルドアン氏は、国連安保理常任理事国5カ国が国連加盟国193カ国の運命を決定する国連のシステムを再び批判し、不平等だと指摘した。
ストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 11.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナでの出来事がNATOとロシアの戦争に発展してはならない=ストルテンベルグ事務総長
エルドアン氏は、国連安保理の問題は紛争を開始した国の1つが拒​​否権を持っている場合の投票システムにあるとし、「国連は戦闘行為の停止に関する決議案を可決しなかった...反対票が1~2票あったことによって」と述べた。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
対露制裁はエネルギー、食糧危機を深刻化 中国外相
国連人権高等弁務官事務所 ロシアでの未承認行動参加者の拘束を懸念
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала