ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

チェルノブイリ原発の電源復旧、未だ実現せず=国際原子力機関

© Sputnik / Russian Defence Ministry / メディアバンクへ移行Вид на саркофаг четвертого энергоблока Чернобыльской АЭС
Вид на саркофаг четвертого энергоблока Чернобыльской АЭС - Sputnik 日本, 1920, 13.03.2022
ウクライナ当局はチェルノブイリ原子力発電所の電源復旧に向けた修復作業の状況をIAEA(国際原子力機関)に報告した。この修復作業にはロシアの国営企業「ロスアトム」社の専門家らが技術支援を提供している。
IAEA によると、ウクライナの専門家らは破壊された電源設備の修復作業を急いでいるものの、現時点で電源復旧は実現しておらず、3月9日以降電源喪失の状況となっている。
そのためウクライナ側はディーゼルエンジンの発電装置で電力を供給し、安全システムの機能を維持しているという。
露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
チェルノブイリ原発が危険というウクライナの声明はデマ=露外務省
ロシア国営企業「ロスアトム」社によると、ロシアの専門家らはチェルノブイリ原発の電源復旧、及びザポロジエ原発の物理的保護に向けた指導補助を行っており、現場では主にウクライナ人の作業員が活動しているという。
また、IAEA によると、ウクライナ側はロシア軍がザポロジエ原発を完全に掌握しようとしていると懸念しているのに対し、ロシア側はその主張を退けてているという。
関連ニュース
露仏独の電話首脳会談開催、ウクライナ民族主義者らによる犯罪停止に向けた圧力を西側に要請
ロシア空挺部隊、ウクライナの飛行場を管理下に置く 露国防省が動画を公開
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала