日本 東北新幹線、全面復旧は4月以降 地震で脱線

16日夜、福島県沖を震源とする強い地震が発生した影響で、東北新幹線では広い範囲で脱線事故などのほか、架線を支える柱が倒れるの被害が確認された。これについてJR東日本は、復旧作業に時間がかかるとして、3月中の全面復旧は困難だという見通しを示した。NHKが報じた。
東京発仙台行きの東北新幹線「やまびこ223号」は16日、福島-白石蔵王間で脱線。乗客乗員78人にけがはなかった。
列車には、2004年の新潟県中越地震での脱線事故後から「逸脱防止ガイド」と呼ばれる装置が取り付けられていたが、17両編成のうち16両が脱線し、一部の車両がレールから大幅にずれて傾いたという。
震度5強の地震で大きく破損した建物(宮城県白石市、18日) - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
大規模停電、道路に亀裂 日本各地の地震被害
また、17日には複数の箇所でレールのゆがみが見つかったほか、架線を支える柱が折れたり、高架下の橋脚が一部損傷するなどの被害が確認された。
JR東日本は同日に記者会見を開き、今回の脱線事故について「ご利用の皆様には大変なご不便とご心配をおかけし、誠に申し訳ない」と陳謝。そのうえで、福島-仙台間は被害の特に大きかったとして、3月中は復旧が困難だという見通しを示した。
一方、東京-那須塩原間、盛岡-新函館北斗間については、大幅に本数を減らして運転を再開している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала