ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「水たまりの水を飲んでいる」マリウポリの住民、ネオナチが街にもたらしたものについて語る

© Sputnikウクライナ南部マリウポリ在住のガリーナ・スルグチさん
ウクライナ南部マリウポリ在住のガリーナ・スルグチさん - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ウクライナ南部マリウポリ在住のガリーナ・スルグチさんは、「ロシアで刑事告訴されているアゾフ連隊のウクライナ人ネオナチは、マリウポリの状況を悲惨なものにしています。民間人は食べるものもなく、水たまりから水を飲まなければならないんです」と語っている。
スルグチさんは、「心からお願いします。マリウポリに住んでいる人々を助けてください。マリウポリには小さな子どももいれば、妊娠中の女性もいます。人々の元にはすでに食べ物がないんです。何でもいいから助けて下さい」と泣きながら語った。
スルグチさんは「人々は包囲されたレニングラードで(1941〜45年の大祖国戦争で、ドイツ軍は現在のサンクトペテルブルクを900日間包囲した)暮らしているかのようです」「何もない、全くない。水たまりの水を飲んでいる。たき火で調理しているんです」と語っている。スルグチさんによると、ウクライナのラジオはロシアがマリウポリでの人道支援の実施を許可していないと主張している。
マリウポリ - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
マリウポリの状況は緊迫:電気は通っておらず、住民の食品備蓄は底をつき、中心部では戦闘が続く
これよりも前、人道支援活動が開始されて以来、ロシア側はマリウポリの住民に450トンの医薬品、生活必需品、子ども向けの食品を引き渡したと報じられた。
ロシアのプーチン大統領は、2月24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
マリウポリ 中心街の劇場をウクライナ民族主義者らが地雷で爆破
ドイツがウクライナ避難民の輸送を一時停止するようポーランドに要請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала