露の気象衛星「アルクチカM」 欧米、日本に7年先んじた打ち上げ ロシア科学アカデミー

© Roscosmos / メディアバンクへ移行「アルクチカM」
「アルクチカM」 - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
ロシア科学アカデミーのアレクサンドル・セルゲーエフ会長は、ロシアのプーチン大統領との会談で、ロシアは初の気象衛星「アルクチカM」を2021年に軌道に乗せることで、欧米、日本よりも7年先んじたと述べた。
「(アルクチカMの打ち上げは)とても重要だ。このような衛星はどこに国にもない。欧州、米国、日本もこうした衛星の打ち上げ計画は2028年までない」とセルゲーエフ会長はこう述べている。
スペースX - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
スペースX スターリンク衛星53基を軌道に投入
「アルクチカM」1号機は、世界初の水文気象衛星で長楕円軌道に打ち上げられた。航大な大気圏と地球近傍空間の状態のデータを15~30分間隔で受信することができる。
「アルクチカM」の2号機の打ち上げは2023年に予定されている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала