ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領の息子は、ウクライナにおける病原体を扱った活動の資金調達で重要な役割を果たした=露国防省

© Sputnik / Natalia Seliverstova / メディアバンクへ移行露国防省
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ロシア連邦軍の放射線・化学・生物学防御部隊を率いるイーゴリ・キリロフ氏は、米国のバイデン大統領の息子ハンター氏について、ウクライナにおける病原体を扱った活動の資金調達で重要な役割を果たしたと発表した。
キリロフ氏は、米国防総省傘下の国防脅威削減局の職員およびウクライナの米国防総省請負業者とハンター氏のやり取りを提示し、これらの資料の存在は西側メディアによって確認されていると指摘した。
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 26.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
露国防省、国外における米国の生物兵器開発に関するプレゼンテーションを行う
キリロフ氏はこれらの資料について「その内容はハンター・バイデン氏がウクライナ領内で病原体を扱った活動を行う経済的機会を創出し、ブラック・アンド・ビーチ(Black and Veach)社とメタバイオッタ(Metabiota)社のための資金確保で重要な役割を果たしたことを示している」と述べた。
パトルシェフ書記 - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナでの米国の生物学プログラムは独ナチの第三帝国を継承 露安全保障会議
キリロフ氏は、先にロシア連邦軍が米国の国家機関及び現軍事・政治指導部とウクライナの生物研究所との相互協力のスキームを提示したことに言及した。特に、ウクライナ領内における生物プログラムへの資金提供にハンター氏が率いる投資ファンドが関与していたことが指摘された。
関連ニュース
ロシア外務省、中国大使と米国のウクライナでの軍事生物学研究について討議
露下院 米国のウクライナ領内での生物学研究所を国連、欧州評議会、欧州安全保障協力機構へ調査要請へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала