ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

対露制裁は自滅の道、「ロシアとの橋を全て焼き落としてはならない」=トルコ大統領補佐官

© AP Photo / Plinio Lepriトルコ大統領府のイブラヒム・カルン首席補佐官
トルコ大統領府のイブラヒム・カルン首席補佐官 - Sputnik 日本, 1920, 02.04.2022
トルコ大統領府のイブラヒム・カルン首席補佐官は、ロシアとの橋を「全て焼き落としてはならず」、ロシアと交渉する国が必要であるとの立場を示し、ウクライナとの仲介役を買って出ると同時に、対露制裁には変わらない姿勢を改めて強調した。
カルン大統領補佐官はトルコの国営テレビ「TRTハーバー」の取材に応じた中で次のように発言した。
なぜトルコが仲介役を買って出るのか。なぜなら既に私が発言した通り、ロシアとすべての橋を切り落とすことはできないからだ。その時、誰がロシアと交渉するのだろう。誰が交渉プロセスを支持するのだろう。行動できる国が必ず必要なのだ。
チャイヴォ油田 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
制裁参加で「過ち」と化す日本のエネルギー政策  サハリン2残留は決めたが、先行き混迷で再考必至
また、エルドアン大統領はトルコ国内でロシアとウクライナの首脳会談を開催を提案したものの、カルン補佐官は具体的な日程について言及するのは時期早々としてコメントしなかった。
加えて、対露制裁がどのように解除されていくかについての具体的なプランを考案する必要があるとも指摘した。
米国務省のネッド・プライス報道官 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国はロシアとインドの関係を邪魔しない=米国務省
トルコ政府は現在、対露制裁に参加しておらず、今後もこの動きに加わることはないとした。この点について、対露制裁は相手国よりも自国にとって痛手となることを理由として挙げた。またトルコ政府は米国側から対露制裁に加わるよう圧力も受けていないと説明した。
関連ニュース
米国はロシアに対する経済戦争を開始しようとしている=プーチン大統領
ロシア、食品や穀物を「友好国」にのみ供給へ ルーブルや国家通貨建てで=メドベージェフ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала