ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

日本、国連安保理改革「提唱し続ける」=官房長官

© AP Photo / Shuji Kajiyama松野官房長官
松野官房長官 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
日本の松野博一官房長官は6日の記者会見で、国連安全保障理事会の改革を引き続き提唱すると表明した。
松野官房長官は、G7をはじめとする国際社会と緊密に連携していくとした上で、「安保理の動きを、強い関心を持って注視していく。ゼレンスキー大統領の発言を聞き、改めて国連安保理改革の必要性を痛感した。安保理改革の実現に向け、日本として引き続きリーダーシップをとっていく考えだ」と語った。
国連 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
国連安保理からのロシア排除はできない=米国連大使
5日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、常任理事国としてロシアが拒否権を有している国連安全保障理事会での演説で、安保理が自ら解散するか、ロシアを排除するよう提案した。一方、米国のリンダ・トマス・グリーンフィールド国連大使は、安全保障理事会からロシアを排除することは不可能だと述べた。
日本の岸田首相は3月14日の参院予算委員会で、ウクライナ情勢とロシアの行動を背景に、「国連安全保障理事会の常任理事国であるロシアの暴挙は、新たな国際秩序の枠組みの必要性を示していると考えている。我が国は従来から、常任理事国による拒否権の行使は最大限自制されるべきであると考えてきた」と指摘した
関連ニュース
中国、岸田首相の国連安保理改革に関する立場には賛同しない
ロシアの国連大使 ウクライナ情勢からロシアの「舌は引き抜かれている」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала