ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「誰一人として捕虜になることはない」:ウクライナでロシア兵を待ち受ける残酷な運命とは?

© Sputnik / Konstantin Mikhalchevsky / メディアバンクへ移行「誰一人として捕虜になることはない」:ウクライナでロシア兵を待ち受ける残酷な運命とは?
「誰一人として捕虜になることはない」:ウクライナでロシア兵を待ち受ける残酷な運命とは? - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
ロシアメディアMashのテレグラムチャンネルに、ウクライナで同国側として戦っている「グルジア軍団(ジョージア軍団)」のトップ、マムカ・マムラシュビリ氏のインタビュー動画が掲載された。
Mashが掲載したインタビュー動画の中でマムラシュビリ氏は「では、彼らを占領者 と呼ぶことにしよう。それはロシア兵士だ... 私はグルジア軍団のために皆さんに話 している...  我われはロシア兵を捕虜にすることはない。『カディロフツィ』(チ ェチェン共和国のロシア兵)も同じだ。誰一人として捕虜になることはない」と述べ た。
これは、ロシア兵を捕虜として捕らえることはなく、直ちに殺す計画で、ロシア兵 が生かされることはないことを意味している。
ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
集団的西側社会は目、耳を覆い、何にも耳を貸そうとしない 露大統領府報道官
ロシア国家防衛管理センターのミジンツェフ所長は6日のブリーフィングで、ウクライナ側の捕虜になったロシア兵について、「万事大丈夫というわけではない」と考える根拠があり、ロシアは彼らの運命を懸念していると発表した。
ミジンツェフ氏は、ロシアは捕虜交換のためにウクライナ兵251人を地域に送り届けたが、ウクライナは捕虜交換を再び頓挫させたと述べた。同氏によると、当初のリストには兵士251人が記載されていたが、ウクライナ側は1日のあいだに確認、削減を繰り返し、説明もなく捕虜交換を拒否したという。
ミジンツェフ氏は、これらのことを考慮した場合「ロシア側には、捕虜になっているロシア軍兵士は万事大丈夫というわけではないと考える十分な根拠がある」と述べた。
ポーランドでアメリカ兵とエストニア兵の共同訓練 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
ウクライナ危機 米国が欧州に仕掛けた「罠」 中国グローバルタイムズ
先に、手を縛られた状態で道路に横たわっているロシア兵たちの頭を撃って殺害す る様子を撮影した動画がネット上で公開された。マムラシュビリ氏は、「グルジア軍 団」のメンバーもロシア兵を捕虜にせずに殺害することを確認した。
ロシアのウクライナ特殊作戦の開始以来、ウクライナ兵が死体のわきでポーズをとる 動画や、ウクライナ軍が拷問や殺害を行うという目撃証言がネット上に多く出現して いる。ロシアのRTテレビは、ウクライナ軍の兵士らが一般市民に殴る、蹴るの暴行を加え、 嘲笑している場面を自ら撮影した動画をSNS上に公開した。
関連ニュース
ウクライナ ブチャでの挑発行為、目的は和平交渉の決裂=ロシア外務省
ブチャ虐殺 米国防総省は「独自の確証は無い」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала