ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

西側諸国はロシア人捕虜の問題に目をつぶっている=露国防省

© Press service NDCC / メディアバンクへ移行ロシア国家防衛管理センターのミジンツェフ所長
ロシア国家防衛管理センターのミジンツェフ所長 - Sputnik 日本, 1920, 09.04.2022
ロシア国家防衛管理センターのミハイル・ミジンツェフ所長は、西側諸国はウクライナでのロシア人捕虜虐待の問題に目をつぶっているとの見解を表した。
ミジンツェフ氏は、次のように非難した。

いわゆる「西側の文明諸国」、国連、欧州安全保障協力機構(OSCE)、赤十字国際委員会、およびその他の国際人権団体は、ロシア連邦により提起された人道問題には完全に無関心である。これまでのところ、ロシア人戦争捕虜に対する法外な拷問や残忍な制裁にまつわるロシア側の声明にはまったく反応していない。

ミジンツェフ氏は、4月7日、ベルギー・ブリュッセルでの記者会見で、北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長が、ウクライナでの戦争犯罪にまつわる全ての報告を調査するよう呼びかけた一方で、「『具体的なことを何も知らないため』、ウクライナの民族主義者によるロシア人捕虜殺害についての映像資料にコメントすることは偽善的に拒否した」と言及した。
ロシア人捕虜の虐殺の動画を検証できた=ニューヨークタイムズ - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシア人捕虜の虐殺の動画を検証できた=ニューヨークタイムズ
ミジンツェフ氏と同様、アナトーリイ・アントーノフ駐米ロシア大使も、ロシア人捕虜の殺害シーンを映したビデオをニューヨークタイムズ紙が発表し、動画の信憑性を確証したにもかかわらず、米国政権がこれに反応を示さなかった事実について、ウクライナ紛争に対して米国が偏向を持つことを示していると指摘している
関連ニュース
ウクライナ側で戦う外国人傭兵、ウクライナ軍によるロシア兵捕虜の大量処刑を確認
「誰一人として捕虜になることはない」:ウクライナでロシア兵を待ち受ける残酷な運命とは?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала