- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィンランド ワリエワの一件でフィギュアスケートのルール変更を提案

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev / メディアバンクへ移行ロシアのフィギュアスケート選手、カミラ・ワリエワ
ロシアのフィギュアスケート選手、カミラ・ワリエワ - Sputnik 日本, 1920, 10.04.2022
フィンランドの弁護士ラウリ・タラスチ氏は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)に対し、ドーピングが発覚した未成年のアスリートに対するコーチの資格を停止する提案を行った。
同氏は、北京冬季五輪に出場したカミラ・ワリエワ選手(15)の事例がきっかけで、フィギュアスケートのルール改正を提案することについて考えるようになったという。
同国紙「ヘルシンギン・サノマット」によると、タラスチ氏は、「WADAはこのアイデアについて議論することを認めている。若いアスリートのコーチの責任とは何かを理解することは重要だ。未成年はコーチから与えられたものを理解できないかもしれないし、ワリエワが心臓の機能を向上させる薬に接した事例があるが、通常は特定の物質を入手することはできない」と語った。
愛と憎しみは紙一重:フィギュアスケート世界選手権へのロシア出場禁止を世界はどう受け止めたか - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
フィギュア特集
愛と憎しみは紙一重:フィギュアスケート世界選手権へのロシア出場禁止を世界はどう受け止めたか
タラスチ氏は、未成年のアスリートのドーピングが発覚した場合、そのコーチは特別な処罰を受けることになると指摘した。
2月に行われた北京冬季五輪では、ワリエワはロシア代表の一員として団体戦に出場し、ロシアは優勝した。団体戦の直後、2021年12月の薬物検査でワリエワのサンプルが陽性反応を示したことが明らかになったが、同選手は北京五輪の個人競技に出場することが認められた。
関連ニュース
フィギュアのワリエワ選手 トリメタジンは食べ物と一緒に体内に 祖父が服用=IOC
誕生日を祝うエテリ・トゥトベリーゼ 有名なフィギュアスケートコーチについてわたしたちが知っていること
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала