ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国とは違い、ロシアは化学兵器を保有していない=在米ロシア大使館

© 写真 : Kent Wang在米ロシア大使館
在米ロシア大使館 - Sputnik 日本, 1920, 13.04.2022
在米ロシア大使館は、米国務省のプライス報道官がウクライナでロシアが化学兵器を使用する可能性があると述べたことについて、ロシア軍は化学兵器を保有しておらず、ロシア国内に残っていた化学兵器は2017年にすべて廃棄されたと発表した。またロシア大使館は米国に対し、自国の化学兵器の廃棄プロセスを活性化するよう求めた。
「米国に偽情報の拡散をやめるよう要請する。その代わりに米国は自国の化学兵器の非軍事化プロセスを活性化するべきだ。米国は今も自国が負った国際的義務を履行していない唯一の化学兵器禁止条約締約国であり続けている。米国の化学兵器の保有量は、人類にとって現実の脅威である」
またロシア大使館は、ウクライナの過激派が化学物質を使用した挑発行為を準備しているというロシア国防省によって確認された情報が懸念されており、これらの化学物質の出どころについても疑問があると指摘した。
米国のブリンケン国務長官は12日、ウクライナでロシア軍が化学兵器を使用したかどうかについて米国は確認できていないが、「実際に何が起こったのか明らかにするためにパートナーと直接対話している」と述べた。
関連ニュース
バイデン氏、露大統領のウクライナ政策を「ジェノサイド」と示唆
米国、ウクライナに7億5000万ドルの追加軍事支援を発表へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала