スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は地域を不安定化させない=米国務省

© AP Photo / Nicholas Kamm米国務省のネッド・プライス報道官
米国務省のネッド・プライス報道官 - Sputnik 日本, 1920, 13.04.2022
米国はNATO(北大西洋条約機構)を純粋に防衛目的とした軍事同盟としてみなしており、スウェーデンとフィンランドがこの軍事同盟に加盟することは地域に不安定化をもたらすことはないと判断している。米国務省のネッド・プライス報道官が12日のブリーフィングで表明した。
プライス報道官は定例のブリーフィングの中でNATOについて言及し、この同盟は純粋に防衛を目的とした軍事同盟であることから、「軍事同盟の強化が更なる安全や安定の他に何か別のものをもたらすとは想定困難である」と発言した。
スウェーデンとフィンランドのNATO加盟の可能性について評価することは控えつつ、NATOは引き続きオープンドア政策を堅持していると指摘した。
また、NATO加盟は両国が独自に判断することであると指摘し、その他の点についてはNATO加盟を目指す国々にコメントを求めるよう提案した。
T14アルマータ戦車 - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
韓国 ウクライナへの兵器供給拒否をNATOに表明
先に英タイムズ紙は、複数の関係者の情報を引用し、スウェーデンおよびフィンランドが今夏、北大西洋条約機構(NATO)に加盟する意向だと報じた。匿名の米政府関係者によると、両国のNATO加盟にまつわる議題は、先のNATO外相会議で複数回取り上げられた。同紙は「フィンランドは6月に申請すると予想されており、続いてスウ​​ェーデンも申請予定だ」と記している。
NATO - Sputnik 日本, 1920, 10.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
イタリア、NATOによるウクライナ紛争への参戦に反対
スウェーデンおよびフィンランドは、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦を背景に、長期中立国を放棄し、NATOに加盟する可能性について言及し始めた。NATOのストルテンベルグ事務総長は、NATOはスウェーデンおよびフィンランドを喜んで迎え、両国には迅速に加盟の機会を保障すると指摘してきた。先に、米国のジュリアン・スミスNATO大使は、NATOは、スウェーデンおよびフィンランドが今後「数か月と数週間」で加盟の可能性について独自の決定を下すことを期待していると述べた。また、米国は両国のNATO加盟を歓迎するとした。
関連ニュース
仏大統領選挙のル・ペン候補、「私はプーチン大統領の『トロイの木馬』ではない」
プーチン大統領 宇ブチャ虐殺は煽動で捏造
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала