日本海でミサイル演習 ロシア太平洋艦隊の潜水艦

© Sputnik / Vitaly Ankov / メディアバンクへ移行ロシア太平洋艦隊の潜水艦「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」(右)と「ボルホフ」(左)
ロシア太平洋艦隊の潜水艦「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」(右)と「ボルホフ」(左) - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ロシア太平洋艦隊の潜水艦「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」と「ボルホフ」が日本海で巡航ミサイルの発射演習を行った。同艦隊が発表した。
同艦隊は「新型のディーゼル電気潜水艦『ペトロパブロフスク・カムチャツキー』と『ボルホフ』は日本海水域で巡航ミサイル『カリブル』を発射した」としている。ミサイルは敵の艦船に見立てた海上の目標に命中したという。
2つの潜水艦は共に2019年に就役した新型潜水艦で、最大射程2600キロメートルに達するという巡航ミサイルカリブルを搭載している。
関連ニュース
「ウクライナはもはや核兵器を開発できない」 ロシアの軍事評論家
米国 使い古しの戦闘機の長期運用を提案
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала