Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシアが新たなコロナ検査法を登録 コロナゲノムの2つの領域を同時に検出

© Sputnik / Maksim Bogodvid / メディアバンクへ移行ロシアが新たなコロナ検査法を登録 コロナゲノムの2つの領域を同時に検出
ロシアが新たなコロナ検査法を登録 コロナゲノムの2つの領域を同時に検出 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁の中央疫学術調査研究所はウェブサイトを通じて、コロナウイルス・ゲノムの2つの異なる領域を一度に検出できる世界初の検査法がロシアで登録されたと発表した。同研究所は、これにより、偽陰性がでる可能性を減らすことができるとしている。
中央疫学術調査研究所は、SARS-CoV-2ウイルスゲノムの異なる2つの領域の同時検出を目的とした、世界初の等温性検査薬AmpliSens® SC2-ITを登録した。これは、検出率が高いだけでなく、偽陰性が出る確率を大幅に減らすことに成功している。
イスラエルで新たな変異株ステルスオミクロンが検出 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
新型コロナウイルス
イスラエルで新たな変異株ステルスオミクロンが検出
試薬キットは、従来の検査システムとは異なり、遺伝的な多様性の少ないコロナウイルスゲノムの2つの領域を同時に検出することを目的としている。このため、一方のゲノムの部位に大きな変異が生じた場合でも、別の領域でウイルスを検出することができる。
この検査は感度が高いため、従来のPCR検査では検査が出るまで1時間半程度用さていた時間が20~25分程度に短縮される。
関連ニュース
新型コロナは2型糖尿病の発症リスクを高める
「女性っぽい」指の人は新型コロナで重症化の傾向
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала