新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

研究者が解明 喫煙者を肺がんの発症から保護するメカニズム

© Depositphotos.com / Nomadsoul1喫煙
喫煙 - Sputnik 日本, 1920, 17.04.2022
米国アルベルト・アインシュタイン医学校の専門家らは、一定の喫煙者は、DNAの効果的な損傷修復システムを通じて肺がんを回避することができると考えている。学術誌『ネイチャー・ジェネティクス』に研究結果が発表された。
同校のサイモン・スピバク教授らは、研究に協力した33人の喫煙者から採取した肺細胞のサンプルの分析を行った。研究では、喫煙の習慣が肺細胞の変異を増強し、しかも、その発生率は1日あたりに消費されるタバコの数に直接影響されることが立証された。
また、研究結果では、24年以上に渡り1日1箱以上の喫煙を行ったボランティアは、他のボランティアと比較して突然変異が少ないことが示された。専門家によると、この逆説は自然淘汰によって説明することができるという。
Курящий мужчина - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
マレーシア 2005年生以降へのタバコ販売禁止に向け調整
喫煙者の延命を可能にしたのはまさに自然淘汰と言えるが、それは、彼らには、DNAのわずかな突然変異を修正したり、タバコの煙に含まれる発がん物質の中和を見事に行う細胞酵素が存在するためだという。
研究者らは、喫煙者の遺伝子をさらに分析し、このメカニズムがどのように働くのか、そしてそれを制御することが可能かどうか、研究を続けている。
関連ニュース
ファストフード好きに警告 医師が50歳を過ぎたらやめるべき悪い習慣5つを紹介
研究者が指摘 グラス1杯のワインが健康な心臓を保つのに効果的というのは本当か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала