ロシア軍、新たな戦闘方法の導入へ=ショイグ露国防相

© Sputnik / Bolat Shaikhinov / メディアバンクへ移行ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ陸軍大将
ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ陸軍大将 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ陸軍大将は19日の省内の会議で、現代の軍事的対立状況によりよく適応するため、露軍は新たな戦法を導入することを明らかにした。
ショイグ国防相は、ロシア国防省の行動計画の一貫した実現化は、陸海軍のさらなる発展と先進的な軍備の保障に向けられていると明言した。
特に新しい通信システムにより、巡航ミサイル「カリブル」と極超音速ミサイル「キンジャール」に標的指示を出すまでの時間が10分の1に短縮された。ショイグ国防相によると、ロシア軍の通信システムの開発は、「人工知能の要素の導入など、最新の通信技術を利用する方向に進んでいる」。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
バイデン米大統領、ロシア極超音速ミサイルを「止めることは不可能」
また、ショイグ国防相は、欧州の軍事・政治情勢の急激な悪化を鑑み、今年2022年に北方艦隊は500台以上の最新兵器を受け取ることになるだろうと付け加えた。
このほか、ショイグ国防相は、昨年2021年に行われていた北極圏の軍事インフラの刷新計画は108%完了したと述べている。
関連ニュース
ロシア戦勝記念パレードの予行演習 モスクワ郊外で実施
西側はウクライナに古い武器を供与する構え 自国の軍を再装備するため=露国連次席大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала