米国とサウジの緊張はウクライナ危機を受けて最悪に=米メディア

© AFP 2022 / Brendan Smialowskiサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
米国とサウジアラビア間の緊張はロシアがウクライナで展開する特殊軍事作戦を受けて過去最悪レベルに達した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が両政府の消息筋による証言をもとに報じた。
報道によると、米国とサウジアラビアの関係は2019年に反体制派のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が暗殺されたスキャンダルを背景に過去数十年間で最も悪化した。その際、大統領選に立候補していたジョー・バイデン氏はサウジアラビアの人権状況を受け、国際舞台からこの国を追放すると約束していた。この動きはウクライナ危機の間も継続している。
原油 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
インド国営企業、ロシア産原油の購入を拡大
消息筋によると、ホワイトハウスはサウジアラビア側に原油の増産を要求し、これにより国際市場における価格低下を実現し、ウクライナでロシアが進める特殊軍事作戦の資金源を根絶するとしていた。しかし、これに対しサウジアラビア側は応じる姿勢を一切示していない。
ジェイク・サリバン米大統領補佐官がサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子にカショギ氏の暗殺に関する問題を提案したところ、皇太子は補佐官を怒鳴りつけ、この問題を審議する意思はなく、米国は原油増産に関する要請も忘れるべきであると告げたという。
ジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナに行くか分からない=バイデン氏
この対立を背景にサウジアラビア側は予定されていたロイド・オースティン米国防長官の訪問も中止に追い込んだ。公的には日程調整の困難と発表されていたものの、同日の夜にサウジアラビア側は米国の制裁下にあるロシア政府高官を受け入れた。WSJはサウジアラビアを訪問した政府高官の名前を公表していない。
ロシアによる特殊軍事作戦を受け世界の原油価格は急激に上昇したものの、サウジアラビアは原油増産の方針を示していない。これを受けて米国側はサウジアラビアがロシアとの協力関係を深めたと判断している。その証拠にサウジアラビア政府は3月、米政府高官との会談を複数回にわたって拒否してきた。
関連ニュース
宇マリウポリのアゾフスタリ製鉄所から合計140人以上を救出=ドネツク人民共和国
NATOはウクライナの軍事作戦に参加しない=独首相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала