米シークレットサービス、7年間で1億ドル以上の暗号資産を押収

米国土安全保障省 - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
米国土安全保障省の管轄下にある米シークレットサービスは2015年以降、254件の捜査で1億200万ドル(約130億円)の資産を押収した。これらは暗号資産(仮想通貨)の形で盗まれたものや、不換紙幣で盗まれてからデジタル資産に変換された資金。
シークレットサービス捜査担当副部長のデビッド・スミス氏はCNBCのインタビューで「デジタルウォレットの追跡は、電子メールアドレスと大きな違いはない。デジタルウォレットも送信者と受信者に関連づけられている。誰かがこのウォレットを使って取引を行うと、それをブロックチェーンで追跡して検出することができる」と語った。
ドル - Sputnik 日本, 1920, 13.03.2022
米国がデジタルドルを導入へ 仮想通貨と競合
資金は、主にルーマニア国家警察と協力して行われた捜査で押収された。ルーマニアで高級品の販売サイトを装った偽サイトがつくられたりオンラインオークションが実施され、米国市民900人が被害にあったという。
またシークレットサービスは、暗号資産を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)を行ったり、米企業からビットコインを脅し取ったロシアのサイバー犯罪組織の資金も押収したという。
関連ニュース
メタ、デジタル通貨をつくる可能性を検討
金融詐欺被害の高齢者に米政権がビットコイン50万ドルを返還
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала