露日、サケマス交渉が妥結=水産庁

© Sputnik / Vitaliy Ankov / メディアバンクへ移行日露の旗
日露の旗 - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
日本の水産庁は23日未明、ロシアの川で生まれたサケ・マスに関する露日間の漁業交渉が妥結したと発表した。25日に正式署名する。共同通信が伝えている。
共同通信の報道によると、北海道周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内での日本漁船の操業条件は、漁獲量がサケ・マス合計で2050トン。露への漁業協力費は2億~3億13万円の範囲内で漁獲実績に応じて支払うという。
漁獲枠 - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
日本 ロシアとサケマス漁獲枠の交渉開始 権益維持が目的
ウクライナ情勢の悪化で日本が対露制裁を強める中、日本は漁獲権益を確保するため11日から露との交渉を始めていた。
関連ニュース
日本 ロシアへの「最恵国待遇」撤回 暗号通貨の移転も規制
日本 対露制裁の自国経済への影響を懸念 対応策を検討へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала