露、日本の「不法占拠」声明にクリル開発で応える=トルトネフ副首相

© Sputnik / Ekaterina Aristarkhova / メディアバンクへ移行クリル諸島の島の一つ、ウルップ島
クリル諸島の島の一つ、ウルップ島 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
露の極東連邦管区大統領全権代表のユーリ・トルトネフ副首相は、クリル諸島(日本側名称 : 北方領土)をあたかも「不法占拠」しているかのような日本側の声明に対して、「ロシアはクリル諸島の領土の開発を進めることで応える」と表明した。
露のウクライナにおける特殊軍事作戦の開始以降、日本は対露融和姿勢を転換。今月22日に発表された日本の外交青書では、クリル諸島について、「ロシアに不法占拠されている」という立場を約20年ぶりに復活させた。
トルトネフ副首相は、クリル諸島でのクルーズ船の就航や新規開発計画などに触れ、次のように述べている。

我々は絶対に日本の声明に応える、単純明快な形でだ。今、クリル諸島ではクルーズ船を就航 させようとしており、すでにどこから船を調達するかはあたりをつけた。とりあえずは手持ち の船を2隻を使い、造船はあとで行う。我々は島々を発展させる。新しい投資プロジェクトに 着手し、団体観光客を呼び、クリルに定住し、働く人々を連れてくる。これを行う根拠となる のは、クリル諸島は疑いなくロシアの領土であるということだ。

日本の旗とロシアの旗 - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
露日関係は冷戦時代よりも深刻な凍結状態にある=専門家
また、トルトネフ副首相は、「不法占拠という日本の最新の声明を聞いて自分の中で生じるの は、おそらくどのロシア国民と同じく、こうした、ごく自然な反応だ」としている。
関連ニュース
露日関係は冷戦時代よりも深刻な凍結状態にある=専門家
非友好国の日本と交渉を継続するのは難しい=露大統領報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала