仏大統領選、マクロン氏が演説 「2期目は穏やかではないだろう」

© AFP 2022 / Thomas Coex マクロン氏
マクロン氏 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
フランス大統領選で再選確実となった現職のエマニュエル・マクロン大統領は、自身の2期目はフランスにとって穏やかではないだろうとしたものの、歴史に残ると述べた。
マクロン氏は、フランス国民を前にした演説で「今後数年間というのは穏やかではないだろう。だが、この数年間は歴史に残る。我々は一緒に、これからの世代のためにこの数年間を歴史に書き加えることができる」と語った。
また、マクロン氏は「国民の多くが私の考えを支持するためではなく、極右(「国民連合」率いるマリーヌ・ルペン候補)の当選を阻止するために私に投票したことも知っている」と明らかにした。
マクロン仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
マクロン仏大統領、ウクライナをめぐり「今後もプーチン大統領との交渉を除外することはない」
こうした上でマクロン氏は、ルペン氏の支持者を含む国民すべての大統領になると表明。ルペン氏に投票した人々の懸念に対する答えを見つけると約束した。
仏内務省によると、23日に行われた仏大統領選挙の決選投票は開票率100%となり、現職のエマニュエル・マクロン大統領が58.55%、極右政党「国民連合」率いるマリーヌ・ルペン候補が41.45%を獲得した。
関連ニュース
マクロン大統領のキーウ訪問 「紛争停止にとって有効な時に」
パリで極右政治家に反対する抗議活動が開催、9200人が参加
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала