米連邦最高裁、中絶の権利撤廃へ判断か

裁判 - Sputnik 日本, 1920, 03.05.2022
女性の人工妊娠中絶の権利をめぐり、過去の判断を覆し違憲とすることに米連邦最高裁の過半数の判事が賛成していることが明らかになった。米メディア「Politico」が伝えている。
Politicoの報道によると、この判断が確定すれば、女性の堕胎を権利として認めた1973年のロー対ウェイド事件や1992年のケーシー事件での判例を覆すことになる。ただし、最高裁の判断は変更となる可能性があり、最終的な判断は2ヶ月以内に出される。
連邦最高裁のアリート陪席判事は、人口妊娠中絶を認めたロー対ウェイド事件の判例が「初めから許容できない、正しくない判断」だとし、「憲法に聴き耳を立て、民衆によって選ばれた代表者らがこの問題について再び議論するときがきた」と述べた。
高校生 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
検閲か常識か?日本のありふれた広告が国連を憤慨させた理由
昨年9月、テキサス州では、胎児の心拍が確認された場合、妊娠6週目から人工中絶を禁止する法案が発効されていた。
関連ニュース
英製薬会社、「経口中絶薬」の使用を厚労省に申請 日本国内初
仏名門大 23%の学生が性被害 捜査開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала