ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国、ウクライナへのロシア軍司令官所在地に関する情報提供を否定=米国防総省

© AP Photo / Manuel Balce Ceneta米国防総省のカービー報道官
米国防総省のカービー報道官 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
米国防総省のジョン・カービー報道官は5日の会見で、米国は戦地でのロシア軍司令官らの所在に関する情報をウクライナに送信していないと表明した。
カービー報道官は、ウクライナでの特殊作戦中、米国がロシア人将校らの殲滅に向けた情報をウクライナ政府に提供したというニューヨークタイムズ紙の記事についてコメントし、「我々は戦地での軍指導者の所在地に関する情報を提供しておらず、ウクライナ軍の標的に関する意思決定には参加しない」と語った
一方、カービー報道官によれば、「米国はウクライナが自国の防衛に役立つ、地上の状況に関する情報を提供している。」
カービー報道官は「率直に言って、ウクライナ人は我々よりもはるかに多くの情報を持っている。彼らは自分たちで情報収集することができる」と話した。カービー報道官によると、ウクライナ軍は「米国や他のパートナー国から提供された情報を、地上で独自の諜報とともに寄せ集めている。」
ウクライナ - Sputnik 日本, 1920, 02.05.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
軍事訓練を受けた米国人がウクライナ軍事行動に参加=AP通信
ニューヨークタイムズ紙が報じたところによると、米政府は、特殊作戦の第二段階の発表後のロシア軍の動きの詳細を含む戦地での出来事について、「リアルタイムで」情報を密かにウクライナに送信している。記事によると、ウクライナ政府高官らは「ロシア人将校らが殲滅するような砲撃やその他の攻撃を実行するために」これらの情報を自身の諜報と組み合わせた。
この点に関し、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシア軍は、米国、北大西洋条約機構(NATO)、英国がウクライナに兵器だけでなく、情報活動で得た情報も提供していることを知っており、これが特殊作戦の迅速な終了に寄与することはないが、特殊作戦の完遂を妨げることもないと述べた
関連ニュース
ウクライナ防衛のために米軍の派遣を許可する決議案が連邦議会に提出
米国防総省のカービー報道官、ロシアの特殊作戦について感情抑えきれず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала