シャオミ社インド法人 最高管理職がインド法執行機関の尋問で脅威に直面

© Depositphotos.com / Da qing中国企業シャオミ社
中国企業シャオミ社 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
先に、インド当局が中国企業シャオミ社インド法人の口座から7億2540万ドル以上を押収したと報じられた件で、シャオミ社インド法人側は、ロイヤリティの支払いと銀行明細は全て、合法的なものとする声明を表した。
ロイターが引用したシャオミ社の声明によると、インドの法執行機関の職員らはシャオミ社インド法人の前常務取締役マニ・クマル・ジャイン氏、現職の最高財務責任者のサミルB.S.ラオ 氏とその家族に対し、当局の要求通りに供述書を提出しない場合、「悲惨な結果」が待っていると警告した。
声明によると、彼らは何度か、「もし署の指示通りに証言しなければ、逮捕、昇進のチャンスの喪失、刑事責任、身体的暴力などの悲惨な結末を招く」と脅され、その結果、いくつかの供述を強要されていた。
関連ニュース
Xiaomi EVの年間の生産計画台数が明かされる
中国のIT大手、「共同富裕」の促進を当局に公約
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала