Окинава в 1972 году - Sputnik 日本, 1920
沖縄の本土復帰50年
2022年5月15日、沖縄県は日本の支配下に戻ってちょうど50年になる。沖縄は長い歴史の中で、国際政治の流れに伴い、何度も急激な変化を経験してきた。1945年4月から6月まで続いた沖縄戦では、日本軍9万5000人、米軍1万2510人が犠牲となった。その後、沖縄は米軍に占領された。第二次世界大戦の結果、沖縄は米国の支配下となり、1972年まで米政権下に置かれていた。沖縄は1972年に日本に返還されたが、その後も沖縄は東アジアにおける米軍の重要な拠点となっている。現在、日本の米軍施設の74%が沖縄に集中し、沖縄の5分の1を占めている。

日本人の約8割、在日米軍基地の大部分が沖縄にあるのは「おかしい」と回答=NHK世論調査

© AFP 2022 / Toru Yamanaka沖縄、普天間飛行場
沖縄、普天間飛行場 - Sputnik 日本, 1920, 10.05.2022
NHKの世論調査によると、日本人の約8割が在日米軍基地の大部分が沖縄県にあることは「おかしいと思う」としている。その一方で、約7割は「日本の安全にとって、やむをえない」と考えていることが明らかになった。
沖縄が日本の本土に復帰してから15日で50年となる。NHKはこれに合わせ、今年2月から3月にかけて、全国の18歳以上1800人を対象に郵送法で世論調査を行い、沖縄県に住む812人と、全国の1115人が参加した。
在日米軍の専用施設の約70%が沖縄にあることについて、沖縄の回答者の84%、全国の回答者の79%が「おかしいと思う」または「どちらかといえば、おかしいと思う」と回答した。
米軍普天間飛行場(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2022
日本 沖縄県の米軍基地負担「不平等」と考える人約80%=共同通信
本土復帰後も沖縄に残っている米軍基地について、「日本の安全にとって、必要だ」と回答したのは沖縄で11%、全国で12%のみ。同じ質問に対し、沖縄で51%、全国で68%が「日本の安全にとって、やむをえない」と回答した。
沖縄が日本の領土を占めるのはたった0.6%だが、米軍施設の74%があり、日本の全米軍の半数以上が駐留している。県によると、沖縄には米軍2万5800人とその家族および米国人が1万9000人住んでいる。
関連ニュース
沖縄 米兵が歩道に乗り上げ はねられた歩行中の男性が死亡
日本の国交省 沖縄県の不承認を取り消し 米軍普天間基地の移設計画
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала