生物学研究所 - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2023
暴かれたウクライナ生物ラボ 米国の極秘活動とは
ウクライナ保健省と米国防総省は2005年、生物学的脅威の低減に関する協定を締結。協定はウクライナにおいて感染症病原体の同定を専門とする研究所網の構築を想定していた。その後、ウクライナで危険な病気の発生が報告される。在キエフ米国大使館は、研究所は平和的な研究に従事と主張。だが、ロシアの特殊作戦で米国防総省がウクライナで軍事生物プログラムを実施し、それが生物兵器禁止条約の第1条及び第4条に違反する確証が発見された。露国防省の入手データ、国際的なオブザーバーからの情報、専門家のコメントについては、スプートニクの特別コラムをお読みください。

ドイツは米国に頼らずウクライナでの生物兵器プロジェクトを実現する=露国防省

© Sputnikドイツは米国に頼らずウクライナでの生物兵器プロジェクトを実現する=露国防省
ドイツは米国に頼らずウクライナでの生物兵器プロジェクトを実現する=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
ロシア軍放射線・化学・生物学防護部隊のイーゴリ・キリロフ中将は、米国だけではなく北大西洋条約(NATO)諸国もウクライナにおける生物兵器プロジェクトを実現させると明らかにした。その一つはドイツだという。
キリロフ中将によると、ドイツの指導部は米国には頼らないバイオ安全保障に関する国家プログラムを2013年から開始することを決定。このプログラムにはウクライナを含む12の国が参加しているという。
ドイツ側からはドイツ連邦軍微生物研究所(ミュンヘン)、ロベルト・コッホ研究所 (ベルリン)、レフラー研究所(グライフスヴァルト)、ベルンハルト・ノホト熱帯医学研究所(ハンブルク)が参加しているという。2016~2019年だけでも独軍微生物研究所の研究者らによって、ウクライナ25州の住民に3500回の血清試験が行われたという。
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ科学技術センターは米国の軍事生物学活動の場 440億円超が注入 露国防省
また、露国防省が公開した資料によると、2012~2018年にポーランドが参加し、狂犬病症例の流行モデルが作られた。発症数やエピデミックのリスクについても試算されたという。
これまでに、キリロフ中将は米国のウクライナにおける生物兵器プログラムの詳細について明らかにしていた。
関連ニュース
ウクライナでの米国の生物学プログラムは独ナチの第三帝国を継承 露安全保障会議
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала