ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ゼレンスキー大統領に対し欧州首脳が内密に要請=ディ・ヴェルト紙

© AP Photo / Natacha Pisarenkoマリオ・ドラギ首相とウォロディミル・ゼレンスキー大統領、エマニュエル・マクロン大統領とオラフ・ショルツ首相
マリオ・ドラギ首相とウォロディミル・ゼレンスキー大統領、エマニュエル・マクロン大統領とオラフ・ショルツ首相
 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ウクライナ訪問中、ドイツとフランス、イタリアの指導者たちは、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領にロシアとの交渉のテーブルにつくよう「内密」に説得した可能性がある。ドイツのディ・ヴェルト紙が報じた。
報道によれば、キーウ(キエフ)滞在中、オラフ・ショルツ首相とエマニュエル・マクロン大統領、マリオ・ドラギ首相は、ウクライナ政府に欧州連合(EU)の加盟国候補としての地位の提供について発言した。同紙は、「その代わりに、おそらく首脳たちは『内密』に、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との交渉のテーブルにつくよう、ゼレンスキー大統領を説得した」と報じている。
欧州3カ国が直面しているウクライナ危機の経済的影響は、徐々に強まっており、それを鎮静化することはますます困難になっている。報道では、経済成長は停滞し、インフレは記録的な水準に達していると指摘する。
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナに戦闘機と戦車は供与しない、モスクワ訪問の用意ある=仏大統領
また、同紙は、欧州各国の指導者たちは、独自の関心にともないキーウを訪問していると報じた。たとえばマクロン大統領は、危機による経済的影響を考え、この数週間で実用主義者に変わっており、ウクライナ領土の保全より危機を終わらせることに頭を悩ませ、「自らの見解を鮮明に打ち出そ」うとした。
また、イタリアのドラギ首相は、キーウでの会合に参加することで、イタリアがEUの有力国の1つであることを示そうとした。
関連ニュース
ゼレンスキー氏、トルコ大統領にプーチン氏との会談願望を表明
ウクライナのEU加盟には15年あるいは20年を要する=仏外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала