日本 海上自衛隊がロシア艦艇の動きを追跡

© Sputnik / Igor Zarembo / メディアバンクへ移行ロシアの大型対潜艦
ロシアの大型対潜艦 - Sputnik 日本, 1920, 20.06.2022
日本の防衛省統合幕僚監部は、ロシア艦艇の動きを追跡し、日本の東海岸を北から南西に移動していると報告した。日本の各メディアが報じている。
NHKの報道によると、15日以降、大型対潜艦(ウダロイ級駆逐艦)、ステレグシュチイ級フリゲート艦3隻、マーシャル・ネデリン級ミサイル追跡艦の計5隻が、北海道襟裳岬の南東沖で確認された。その後、千葉県を南西に進み、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、太平洋から東シナ海に入ったと報じられている。
日本側は、海上自衛隊の哨戒機「P-3C」、護衛艦「てるづき」、補給艦「ときわ」が監視・情報収集を行いながら航行した。
関連ニュース
与野党9党が党首討論 原子力潜水艦保有について3党が賛成 首相は慎重姿勢
日本の哨戒機、宗谷海峡のロシア艦追跡
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала