日本の銀行、露向け与信残高15%急減 ウクライナ情勢受け

© AFP 2022 / Kazuhiro Nogi日本の銀行、露向け与信残高15%急減 ウクライナ情勢受け
日本の銀行、露向け与信残高15%急減 ウクライナ情勢受け  - Sputnik 日本, 1920, 22.06.2022
日本の銀行のロシア向け与信残高の合計が、3月末時点で前年比15.3パーセント減の80億2390万ドル(1兆800億円相当)となったことが明らかになった。日本銀行が20日に公表した国際与信統計をもとに読売新聞が伝えている。
読売新聞によると、与信は金融機関が企業や事業に対して行った融資や投資、債券や不動産といった損失につながるおそれのある債権の総額。
ウラジオストク市長 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
ウラジオストク市長「日本との文化交流なくして日本との経済発展なし」早期の観光再開に望み
日本の銀行の露向け与信残高(最終リスクベース)の合計は、昨年末時点では露日経済協力の拡大を背景に98億ドルまで拡大したが、今年に入って約2割急減。ウクライナ情勢をめぐる対露制裁などにより露銀行が国際決済網から排除されたことや、露進出企業が事業縮小・撤退などを決めたためだとされる。
関連ニュース
「露日は連絡を維持。長期的な協力を確信」=露極東開発相
日本、ロシア北極ガス開発で融資継続 露ガス大手社長が明かす
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала