なにわの象徴・グリコ看板のデザイン一部変更 創立100周年で

© AFP 2022 / Philip Fongグリコ
グリコ - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
大阪のシンボル、道頓堀の戎(えびす)橋にある「グリコサイン」の一部デザインが24日から変更された。日本の製菓大手「江崎グリコ」の創立100周年を記念したもので、「すこやかな毎日、豊かな人生」という新たなメッセージがお目見えした。同社が公式サイトで発表した。
江崎グリコによると、変更されたのは同社のロゴマークの上部のメッセージ。従来は「おいしさと健康」と書かれていたが、創業100年を機に「すこやかな毎日、豊かな人生」という文言に変更した。点灯は日没後30分から午後9時までとしている。
同社は1922年、創業者の江崎利一氏がカキの煮汁に含まれるグリコーゲンを入れた栄養菓子「グリコ」を発売したところからスタートした。道頓堀の「グリコサイン」は1935年に初代看板が設置された。直近では2014年10月にリニューアルされ、現在まで6代目の看板が使われている。
関連ニュース
「世界で最も住みやすい都市ランキング」 大阪が10位 1位は?
日本の「山崎 ウイスキー」、米オークションで8100万円で落札
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала