対露制裁、地域にとっては時限爆弾=ニカラグア議員

© Depositphotos / Curraheeshutter対露制裁、地域にとっては時限爆弾=ニカラグア議員
対露制裁、地域にとっては時限爆弾=ニカラグア議員 - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
中米ニカラグアの国会議員、ウィルフレド・ナバロ氏は、リアノーボスチ通信からの取材に応じた中で、西側の対露制裁によるインフレは中南米の経済における不況をさらに混迷化しており、ロシアに対する制限は時限爆弾であり、社会の反対を呼んでいると述べた。
ニカラグア国会のナバロ第二書記は、「最貧困層の問題に注意が向けられず、緩和策が講じられていない国にとって、対露制裁は時限爆弾である」と述べ、制裁はエクアドル、ブラジル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスなど、現在の危機に対処しようとし、その混迷化に伴う新たな深刻な問題に直面している国々の脅威となっているとした。燃料の高騰に対する市民や労働組合による抗議行動が、すでにエクアドルとアルゼンチンで起こっている。
対露制裁が燃料価格の高騰に繋がることは分かっていた=バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2022
対露制裁が燃料価格の高騰に繋がることは分かっていた=バイデン氏
ニカラグアでは、燃料価格が3ヶ月で2倍に値上がりし、ガソリンは1ガロン(3.7リットル)あたり2.55ドル(344.8円)、ディーゼル燃料は2ドル(270円)に達している。
関連ニュース
欧州は石炭へ回帰し、厳しい冬に備える=報道
米国への配慮から日本の対露政策は矛盾だらけ、「インドを参考にするべき」=鈴木宗男氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала