「ふげん」使用済み核燃料、再処理を350億円で仏企業に委託

ふげん - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
日本原子力研究開発機構は24日、廃炉作業が進む福井県敦賀市の原子力発電所「ふげん」の使用済み核燃料について、フランス企業に再処理を委託する契約を結んだと発表した。輸送と再処理の費用として約2.5億ユーロ(約356億円相当)を支払う。原子力機構の発表をもとに、日本の各メディアが伝えている。
読売新聞によると、委託先はフランスの原子力企業「オラノ・リサイクル社」。計731体の使用済み核燃料を2023年~2026年夏ごろまでに数回に分けて移送する。再処理に関しては2024年度から開始する。再処理によって得られる約1.3トンのプルトニウムは、平和利用を前提として仏側が日本以外の第三者に販売する。
ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ザポリージャ原発へのIAEA視察をウクライナ当局が阻止 非合法濃縮ウランの暴露を懸念
スプートニクはこれまでに、日本が核燃料などとして利用した30キログラムの高濃縮ウランを米国側に引き渡したと報じていた。
関連ニュース
自民党はエネルギー問題の打開策を模索か
日本 福島第一原発避難者訴訟 国の責任認めず 最高裁判決
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала