米連邦最高裁、人工妊娠中絶の権利を撤廃

裁判所 - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
米国の連邦最高裁は24日、女性の人工妊娠中絶の権利を認めた1973年の判例を覆す判断を下した。これにより合衆国憲法では中絶の権利は保護されなくなり、各州が独自に中絶の可否を定めることができるようになる。米連邦最高裁が公式サイトで明らかにした。

「憲法は中絶の権利を与えない。中絶の可否を定める権利は国民と選挙で選ばれた代表者のもとに戻る」

この判断は女性の堕胎を権利として認めた1973年の「ロー対ウェイド事件」や1992年の「ケーシー事件」での判例を覆すことになる。すでにオクラホマ州テキサス州では中絶を禁止する法案が成立しており、他の州にもこの動きが広まる可能性もある。
関連ニュース
スペイン 親の同意なしに16歳以上の中絶を認める法案を用意
米民主党、中絶の権利を守るよう求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала