中絶の権利保障を覆した米連邦最高裁付近 抗議デモが続く

© AFP 2022 / Brendan Smialowski米連邦最高裁判所
米連邦最高裁判所 - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
24日、人工妊娠中絶の権利に関する合衆国憲法の保証を覆した米連邦最高裁判所付近では、数百人が抗議を行っている。
首都ワシントン中心部にある連邦最高裁と連邦議会議事堂を隔てる通りには、生殖の自由に対する支持者と、明らかに少数派ではあるが反対者の両方が集った。
両者の衝突が口論にとどまらず、身体的暴力の脅威が生じた場合、警察が仲裁に入る。
抗議者らは、「私の体、私が選ぶ」、「打倒、最高裁!」、「私は女性であり、銃に劣らない権利を求める」、さらには「中絶を愛している」といったスローガンを掲げた。
多数の保守派で構成される連邦最高裁は24日、女性の堕胎を権利として認めた1973年の「ロー対ウェイド事件」を見直し、人工妊娠中絶の権利に関する合衆国憲法の保証を覆した。これにより、米国の各州は独自に中絶の可否を定めることができるようになる。50州のほぼ半数が、州内での中絶禁止あるいは大幅に制限することを計画している。これまで米国では、妊娠24週以前の中絶について規制することは許可されず、妊娠後期は母体の健康を守る場合のみ行政の介入が許されていた。
関連ニュース
米連邦最高裁による中絶の権利を覆す判決 「女性の命を危険にさらす」=バイデン米大統領
米オクラホマ州、全米で最も厳しい中絶禁止法案可決
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала