日本、各地で猛暑日 群馬・伊勢崎で6月史上初の40.1度

© news.mail.ru各地で危険な暑さ
各地で危険な暑さ - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
25日、日本各地で気温が上がり、群馬県伊勢崎市では6月としては観測史上初の40.1度を記録した。日本の各メディアが伝えている。
NHKなどによると、群馬県伊勢崎市では午後1時54分に40.1度を観測。そのほか、同県桐生市で39.8度、同県前橋市で39.5度の最高気温となった。
東京都心でも35.4度を観測。埼玉県鳩山市(39.2度)や三重県尾鷲市(36.7度)でも猛暑日となった。
各地で危険な暑さとなっており、こまめな水分補給や適切な冷房の使用が呼びかけられている。
関連ニュース
日本の高校で生徒16人が熱中症とみられる症状で病院に搬送される
日本 学校で相次ぐ熱中症 千葉県と岐阜県で児童・生徒が搬送
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала