新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

致命的な大量出血を瞬時に止める 蛇の毒をベースにしたハイドロゲルが発明

CC BY 2.0 / Eduardo Santos / Boa constrictor致命的な大量出血を瞬時に止める 蛇の毒をベースにしたハイドロゲルが発明
致命的な大量出血を瞬時に止める 蛇の毒をベースにしたハイドロゲルが発明 - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
傷口に塗ると硬い皮膜を形成して瞬時に固まり、命を脅かす大出血を防ぐ新薬が開発された。学術誌『Advanced Health Care Materials』が発表した。
外傷による死亡の40%は出血が原因。戦地ではこの数値はさらに上がる。豪州の科学者たちの開発した、カーペットバイパーという蛇の猛毒をベースにしたユニークな止血剤は多くの人命を救う方法を発明した。カーペットバイパーの毒はほとんど瞬時に血液を凝固させ、血管の閉塞、壊死を引き起こすため、噛まれた人は致死する。しかし、科学者たちは、この致命的な化学反応を逆手にとって、人類に役立てることに成功した。
ヘビ - Sputnik 日本, 1920, 05.09.2021
新型コロナウイルス
ブラジルに生息するマムシの毒が新型コロナの増殖を抑制 研究で明らかに
科学者らは蛇の毒から2種類のたんぱく質を抽出。一つは血液凝固を促進し、もう一つは傷口の表面で血栓を安定化させ、保護膜を形成し、出血を長期的に防ぐことができる。
作られようとしている薬剤はハイドロゲル状で常温では液体だが、傷口に塗るとすぐに凝固するためガーゼや包帯は必要なくなる。製薬会社は、血液が凝固するまでの時間が短縮されることで、一刻を争う大量出血でも生存の可能性は高まると説明している。
ロシアの科学者は先に、蛇毒のある成分がコロナウイルスの作用を阻害することを発見している。
関連ニュース
炭火の煙で蛇を駆除…のつもりが家が焼失 米国
頭だけの毒ヘビに噛まれた米男性、九死に一生を得るどうして死んだヘビが噛み付けるのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала