ネットフリックス、ディズニー、ソニー他米大手 従業員の中絶旅費を負担する意向

© 写真 : Pixabay/JuliaFiedlerネットフリックス、ディズニー、ソニー他米大手 従業員の中絶旅費を負担する意向
ネットフリックス、ディズニー、ソニー他米大手 従業員の中絶旅費を負担する意向 - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
米国では全体の約半数の州で中絶が禁止あるいは大幅に制限される見通しとなり、これを受け、中絶手術が必要な従業員に旅費を補助する意向を示す大手企業が続出している。メディア大手のウォルト・ディズニー、ネットフリックス、パラマウント、コムキャスト、ワーナー・ブラザース、ディスカバリー、ソニー、テスラ、メタなどの大手が旅費支給や補助の姿勢を表明している。Varietyが伝えた。
上記企業がこのような決定に踏み切ったのは、米国最高裁が、妊娠28週未満の女性に中絶の権利を認めた1973年の「ロー対ウェイド事件」を覆す判決を下したため。中絶手術をめぐっては、今後は各州が独自に条例で定めることになる。共和党派の州ではこれまで何度も中絶を禁止しようと試みてきた。
妊娠検査薬(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
米民主党、中絶の権利を守るよう求める
ロー対ウェイド事件は、中絶の合法化をめぐる米最高裁の歴史的判決。テキサス州地方裁は、胎児が生存能力をもつ約7か月(28州)になるまでは、妊婦は妊娠を自分の意志で中断できると判定した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала